ホーム機能一覧 > 出荷元(倉庫)管理

出荷元(倉庫)管理

EC-Nextでは、倉庫や別の出荷業者に依頼して出荷作業を行う場合のために、標準機能として出荷元管理画面が用意されています。
それにより出荷可能になった受注データは、出荷元管理画面より閲覧・ピッキングリスト発行・送り状発行用の出荷データダウンロードなど、ひととおりの出荷作業を支援する機能が備わっています。
※サイト管理画面でも、以下の出荷管理・在庫管理と同じ機能が利用できます。

出荷元管理画面での出荷作業について

出荷元登録から商品登録までの流れ

サイト管理画面にて、出荷元をあらかじめ登録しておきます。
出荷元は制限なくいくつでも登録できます。

  1. サイト管理画面にて出荷元登録をして有効にします。
  2. IDとパスワードがありますので、出荷元の方に伝えます。
  3. 商品登録時に、出荷元と在庫数をセットで登録しておきます。

受注から出荷までの流れ

  1. お客様から注文が入ると、商品マスタに登録された出荷元別の在庫数から引当てがされます。
    ※在庫がない場合でも注文を受け付けるサイトの場合、注文後に引当てされる場合があります。
  2. 出荷可能になった時点で、出荷元に出荷依頼のメールが自動送信されます。
    ※出荷可能になるタイミングは注文時の決済方法や、オプション機能によって変わってきます。
    サイト管理者による注文後の確認も不要で、クレジットなど出荷前の入金確認が不要なものは、注文と同時に即出荷可能になります。
  3. 出荷元管理者は、出荷依頼のメールを受け取り、出荷元管理画面にログインします。
  4. 出荷管理画面から出荷作業を行います。画面上でも出荷情報が確認できます。
    【ダウンロード可能なデータ】
    • B2用データ
    • e飛伝Ⅱ用データ
    • 独自にフォーマット設定した出荷データ(出荷単位データ・出荷商品明細単位データ)
    • 納品書印刷用データ(PDF、エクセル)
    • ピッキングリストのダウンロード(商品別の合計個数を表示するトータルピッキング・出荷先別の個別ピッキング)
  5. 出荷完了データ(送り状の伝票番号が入ったもの)を管理画面からアップロードします。
    同時に、お客様に出荷完了メールが自動送信されます。

出荷元での在庫数の把握・管理

出荷元管理画面では、出荷業務だけではなく、出荷元自身で在庫管理を行う機能を入れることも可能です。

【在庫管理の機能】
※出荷元管理画面の場合、出荷元自身が扱っている商品のみ、閲覧・更新が可能です。

  • 商品の検索
  • 商品別の在庫数・引当数の確認
  • 在庫数の変更
  • 在庫履歴(管理画面からの在庫の増減・受注時の引当・出庫の履歴)

お探しの内容・機能は見つかりましたか?

EC-Nextはパッケージソフトでありながら、どのお客様にも同じ機能を提供するわけではありません。
お話を伺いながら要件を詰め、お客様に最適な機能を作りあげていきます。
細かい部分での機能変更や機能追加、不要な機能の削除などはもちろん可能です。
また「こんなことをしたいのだけど」「こんなことが困っているのだけど」というようなアバウトな内容にも、喜んでご相談に乗ります。ぜひ一度お問い合わせください。

お問い合わせフォーム