基幹連携

注文をWebで受けても、それを別のシステムに手入力していては効率的とは言えません。
注文データを取り出して、そのまま別のシステムに渡すことができれば、圧倒的な効率化が達成できます。
商品や顧客等のマスタ、在庫データ等も、他のシステムと双方向での連携が可能です。

基幹システムと連携可能

自由なフォーマット設定

受注データ、商品や顧客のマスタなど、さまざまなデータを、自由に書式を設定してインポート/エクスポートできます。
・受注、出荷、顧客、商品、商品価格、在庫、配送先など、多くのマスタのフォマットを設定できます。
・それぞれ複数のフォーマットを作れるので、例えば受注データを、
 販売管理用と会計用それぞれに出力したいといったことも可能です。
・エクセル(xls)、エクセル(xlsx)、CSV、固定長に対応します(※一部制限あり)。
・一度出力した受注データは次回は出力しないというようなステータス管理も可能です。

業務の自動化

インポート/エクスポートしたタイミングでステータスを変え、各種業務を自動化します。
自動的に出荷担当に出荷依頼を出す、自動的にキャンセルの受付を止める、 送り状番号の付いた出荷通知メールを送信する等、 さまざまな業務を自動化します。

仕入先、物流業者でも利用可能

出荷を委託している物流業者、仕入先などでは、それぞれが出荷業務をシステム化していることも多いでしょう。
各業者毎に、それぞれのシステムと連携できる形で、出荷データの入出力が可能です。

自動連携

管理サイトからのインポート/エクスポートはもちろん、完全に自動での連携も可能です。
必要なフォーマット毎に、日付や曜日、時刻を指定して、定期的に入出力できます。
受け渡しの手段も豊富に用意しています。EC-Nextのサーバ上でファイルの受け渡し、
他のシステムへEC-Nextから出力、EC-NextからPOSTでの送信、
ECサイトの受注メールを自動受信(通常は要カスタマイズ)等、様々な手段がご利用いただけます。

別で受けた注文の取り込み

Webを用意しても、従来のFAXやメールでの注文は残ることが多いです。大口顧客などは独自のデータを送ってくることもあるでしょう。
エクセルやCSV等のデータを、受注データとしてまとめて取り込みできます。
顧客毎にあらかじめ複数のフォーマットを設定しておけば、バラバラなデータも苦になりません。

マスタ統合

事業部毎に商品マスタのレイアウトが異なる、仕入先によってマスタがバラバラ、 そんなときも、複数の商品マスタのフォーマットを用意して取り込めます。 取り込んだマスタは当然に一元管理されますので、結果、マスタ統合をEC-Next上で実現できます。 マスタだけでなく、複数の販売管理システム、関連会社間での受注データのやりとりも、EC-Nextを介することで一元化できます。