ホーム機能一覧 > クローズドサイト

クローズドサイト

B2Bサイトでは、公開する必要のない情報、公開できない情報を扱うことが多いため、一般的な誰でもアクセス・注文可能なオープンサイトではなく、クローズドサイト・半クローズドサイトが一般的です。
EC-Nextではどの公開方式でも対応が可能です。

3つの公開方式

オープンサイト

一般の方誰でもがアクセスできるB2Cの一般的な公開方式です。
マイページにアクセスする時や会員の方が注文する時にログインします。
注文する際の制限としては、3つのケースが可能です。注文時のハードルが低い方から123となります。
1)会員だけでなく、会員登録をしない人も注文可能
2)会員のみ注文可能だが、初めての注文と同時に会員登録が可能
3)会員のみ注文可能で、注文ステップを進む前に会員登録が必要

クローズドサイト

会員専用サイト。一般にはサイトを公開しない仕組みです。
既存取引先からのこれまでの電話・FAX注文などの注文をWEB化したい場合、社内販売で社員のみがアクセスできる場合などに適しています。
フロントサイトには、ログイン機能だけのケースと、会員登録申請画面があるケース両方に対応が可能です。
ログイン画面だけの場合には、管理者が管理画面にて会員登録をします。
会員登録申請画面がある場合には、顧客の登録後、管理者は会員登録申請メールを受け取り、管理画面にて承認することで、ログイン可能になります。
ただクローズドサイトのため、SEO対策もできず新規顧客からの会員登録申請は期待できません。社内販売や特定の取引先に対してあらかじめ別媒体で会員登録申請をするように告知するケースに適しています。
全くの新規顧客からの会員登録申請を望むのであれば、下記半クローズドサイトにするか、会員を募集するためのサイトを別に立ち上げたほうがよいでしょう。

半クローズドサイト

ある程度の情報までは一般公開するが、価格を見たり、注文するためには会員ログインが必要になります。
クローズドサイトと異なるのは、ある程度情報を見せることによって、新規顧客の開拓が可能なことです。 定価(上代)、販売価格(卸価格/下代)、その他商品情報をどこまでを公開するかについては、テンプレートをカスタマイズにすることにより、細かなご要望に対応可能です。
フロントサイトには、新規会員登録のための会員登録画面を用意しますが、審査が必要なケースと、審査不要で即ログイン可能なケース両方に対応が可能です。
即ログイン可能なケースの場合、誰でもが会員登録/ログインが可能なため、よりオープンサイトに近いサイトになります。

クローズドサイトに適したその他の機能

  • 会員登録申請機能(審査の必要な会員登録)
  • 会員別(ランク別)価格設定
  • ログイン時に、ID、パスワード以外に、部署コードなど別項目を利用したログイン
  • マイページからのファイルアップによる一括注文
  • 画像・CSVなどの商品販促素材ダウンロード(ネットショップのための卸サイト)