農産物販売用ECサイト構築

近年、農産物のネット販売が脚光を浴びるようになってきました。とりあえずのテスト販売であれば、レンタルカート等の手軽に始められる手段でも事足りますが、ある程度の出荷量を見込み、ビジネスとして成り立たせるには、それに適したソリューションが必要です。『EC-Next』では、農産物をより売り上げるための機能、出荷業務を効率的にする機能など、トータルにサポートいたします。

セット販売機能

■セット販売とは

セット販売とは複数の商品の組み合わせをセット商品として管理する機能です。

■セット商品による農産物の販売

例えば、お野菜セットなど、野菜単品での販売ではなく、それぞれの野菜の組み合わせによるセット販売が可能です。
また、各種野菜の個数がきめられたセット商品であれば、ひとつの商品として販売すれば可能ですが、 購入者が気分に合わせてセット商品内のお野菜の構成や個数を決められるなど、柔軟に対応した購入が可能となります。
それにより購入者の購買意欲に合わせた購入が可能となり、利便性の向上と売上のアップにつながります。
さらに、セットを構成する商品の在庫も個々に在庫を管理することができるため、在庫管理による業務の軽減と効率もアップします。

▼セット商品購入および販売イメージ
セット商品購入および販売イメージ

■レシピ等の情報提供も

食の安全への関心の高まり、食育という考え方の広まりとともに、ネットでの直販の機会も増えてきています。
しかし一方で、近年、家庭で調理をする機会が少なくなっているために、調理の仕方が分からないから購入をためらうという声もあります。レシピや、野菜の前処理・下処理の方法などの情報も提供することで、購入への敷居を下げる努力も重要です。レシピとセット販売を組み合わせることが、消費者への提案につながります。

予約販売機能

■予約販売機能とは

発売前の商品や在庫切れの人気商品を先行販売し、予約注文の受付を可能にする機能です。
これにより、新商品や話題になっている商品を販売開始前に事前に注文を受けつけることで、売り上げ増につなげることができます。
また、ショップで登録した発売日当日に、予約された商品を購入者へお届けできるようになります。 予約販売機能は、ショップ管理画面から通常の商品と同様の操作で登録・受注管理ができ、発売日や出荷予定日も容易に設定が可能です。ショップ管理者にとっては、商品を仕入れる前に正確な需要予測が可能になり、余剰在庫のリスクを軽減できます。

◇導入のポイント

【ポイント1】販売開始前の先行販売が可能
予約販売機能を使えば、在庫切れ商品などの入荷前に、先行して注文を受け付けることができますので、ライバルに差をつけることができます。

【ポイント1】販売開始前の先行販売が可能


【ポイント2】季節商品などの販売期間拡大が可能
季節商品などの期間限定販売の商品は、販売時期が限定され商品の販売サイクルは短くなってしまいます。夏物冬物商戦の場合など、実販売期間は約3~4ヶ月程となってしまいます。しかし、予約販売機能を活用することで、商品の注文受付時期を早めることで販売期間を広げることができます。それにより各商品の受注件数を増やすことが可能となり、季節を通しての売上アップにつながります。

【ポイント2】季節商品などの販売期間拡大が可能


【ポイント3】商品の需要分析が可能
予約販売機能を導入することで、商品の仕入れに対して購入者の反応を見ることができます。それにより商品の需要予測を立てることができ商品の仕入れをより計画的に行えるようになりますので、在庫不足による売り逃しを最小限に抑えることや仕入れ過多による余剰在庫といった無駄を事前に防ぐことができるようになり、コスト計画や売上の向上に繋がります。

【ポイント3】商品の需要分析が可能


販売開始通知メール機能

■販売開始通知メールでリピータの確保

販売開始通知メールサービスにて販売開始日が決定次第、ご希望のお客様へ商品情報を優先的にお知らせします。効果的に活用すれば、ネットショップの成功に欠かせない、リピーターを育て、確保することがでます。

※活用する目的
1)対象商品に興味を持っているお客様に、商品購入の機会を与えることにより見込み客を確保できます。
2)1度購入してくれたお客様へ、2度目の来店と購入につなげることができます。
3)リピーターが増えれば、より多くの新規客を獲得するためのコストが削減できます。

▼販売開始通知メール機能の活用例
販売開始通知メール機能の活用例


産直引取サービス

■産直引取サービスとは

産直引取サービスとは、ヤマトグループのサービスで、受注と出荷の場所が違う場合に受注データをヤマトグループに連携することで、出荷場所(産直業者様等)の最寄のヤマト運輸営業所で送り状を発行し、荷物の引取りに伺うサービスです。

■産直引取サービスの活用

出荷場所にプリンタやPCが無いなど、送り状発行などの作業が行えない場合に、ヤマト運輸が送り状を発行して集荷に来ることによって、設備コストや業務負荷の軽減を図ることができます。 また、事前にFAXで出荷指示書を出荷予定の出荷場所に送る事も可能ですので、運用にあわせてサービスを利用することができます。

▼産直引取サービスの活用
産直引取サービスの活用


ギフト対応

■ギフト機能(複数お届け先の管理機能)

購入者の多様な要望に対応したギフト機能が利用できます。お届け先毎に複数の商品を自由な組み合わせや、のしの設定が可能となります。 ギフト機能を利用することによりお中元・お歳暮時またはパーソナルギフトのご注文にも柔軟に対応します。
また登録したお届け先を管理できる機能も利用でき、一度サイト上で登録したお届け先は、次回購入時に参照が可能となります。
サイトをご利用されるお客様に対して、一貫した利便性の高いサービスをご提供することができます。

■のし機能

購入者がご進物や贈答品用ののし書きやメッセージをオプション指定できる機能です。のしは、のし書きの種類をリストから選択し設定します。またメッセージを自由に記述できるテキスト入力も可能となります。複数お届け先指定にも対応していますので、お届け先毎にのしの設定をすることができます。

出荷業務の効率化

■ピッキングリスト

ピッキングリストを出力することができます。ピッキングリストを用いて商品のピッキング(在庫から選び出す作業)や、在庫や発送の確認などを効率よく行えます。ピッキングリストを活用することで、出荷業務の円滑化を図ることができます。

■出荷元管理による出荷業務の分散化

同一ショップで出荷場が複数ある場合の管理が行なえます。
各出荷場所への出荷連絡や各出荷場所による出荷管理(送り状発行、ピッキングリスト発行)を行うことができます。
それぞれの商品に対応した出荷場所を設定できるため、出荷場所では対象となる商品のみが管理されますので、他の出荷場所の商品が混在することなくスムーズな出荷業務を行うことができ業務の効率化を図ることができます。
また、出荷業務を販売店ではなく生産者などが行う場合にも容易に出荷機能のみを生産者へ提供することができます。
出荷場所によっては設備の問題などによりショップ管理者が出荷業務を行うことにより、出荷場所への設備コストを抑えることもできます。

▼出荷元管理による出荷業務の分散化
出荷元管理による出荷業務の分散化