バックヤード(出荷業務・物流)の効率化

受注業務をWeb化することで、大きなメリットが得られますが、
さらに、出荷業務までトータルにシステム化することで、そのメリットは大きく拡がります。
仕入業者や物流業者、倉庫などでもシステムを導入することで、発注や出荷に関する業務を効率化できます。

出荷指示(発注業務)の自動化

注文を受けるたびに、FAX等で出荷指示をしていませんか?
システムが自動的に、入金確認済・在庫割当済のものだけを抽出し出荷の指示をします。出荷元(仕入業者、倉庫など)には、メールが届くとともに、画面で本日の出荷分を確認できます。
出荷指示の条件に、管理者による確認を入れることも可能です。

ピッキングリストや送り状発行

トータルピッキングリスト、個別ピッキングリストを出力できますので、出荷業務も効率化されます。
送り状発行ソフト(ヤマト運輸B2、佐川急便E飛伝など)にも対応していますので、送り状発行が自動化されます。
これらの出力は、自社の管理画面だけでなく、出荷元(仕入業者、倉庫など)の管理画面からも可能です。

出荷通知(送り状番号の通知)

送り状を印刷したら、B2やE飛伝からCSVファイルを取り込むことで、顧客には、自動的に出荷通知メールが飛びます。もちろん、送り状番号も入ります。

顧客自身での注文状況の確認

顧客からの「あの注文はどうなってる?」「もう出荷してくれたかな?」このような問い合わせも、もうありません。顧客自身がWebで確認できますので、問い合わせ対応から開放され、しかも顧客満足が向上します。

さらに、複雑な業務にも対応認

複数の倉庫からの出荷に対応

  • どの倉庫から出荷するかが決まっていれば、自動で出荷指示が出ます。
    1つの商品に対し複数の倉庫から出荷する場合は、あらかじめ倉庫別の在庫数と優先順位を登録することで、注文時に優先順位順に自動で在庫割当がされます。
  • 納品先と在庫を見ながら、個別に出荷指示することも可能です。

ロット指定での出荷

注文時には在庫割当をせずに注文を受付け、管理者が管理画面で注文内容と在庫内容を確認しながら、どの倉庫のどのロットから出荷するかを個別に指定することができます。
同じ商品でもロット番号が異なるもの、多少成分が異なるもの、製造日が異なるものなどをロット管理できます。

分割しての納品

  • とりあえず在庫から一部を出荷し、追加の在庫が入ってから残りを出荷するといったことにも対応。
  • 1つの注文に、複数の倉庫から出荷するといったことも可能です。

送り状の依頼主の変更

小売業の顧客からの依頼で、顧客の指定する名義で送り状を発行して直送といったことが可能です。

在庫のキープ

正式注文前に、「大口の商談が決まりそうだから、在庫を確保しといて!」といった要望にも対応可能。在庫をキープしておき、そこから出荷することができます。

在庫の細かな管理と見える化

通常の在庫の他、キープ在庫、注文に引き当てた在庫、配送中の在庫といった、きめ細かな在庫管理が可能です。

物流業者等外部サービス連携による業務の自動化

物流などの出荷業務に関わる運用を外部のサービスを利用し効率化を図ることが可能です。
詳しくをこちらをご覧ください。